金利の計算できますか?ローンを組む前に金利計算シミュレーションをしてみよう!

MENU |  金利の計算 NAVIのボタン 金利の計算 TOP |  金利の計算方法 |  金利計算シュミレーション |  金利計算と返済方法 |  金利の豆知識 | 

金利の豆知識

上限金利

金融業の金利を規制する法律には、利息制限法と出資法があります。
利息制限法は、金利上限を、元金が10万円未満の場合は年20%、元金が10万円以上100万円未満の場合は年18%、元金が100万円以上の場合は年15%と定めています。
この場合、それを超えた金利を請求されても、法律上の支払義務はありません。実際に裁判になり、多く支払われた分の金利の返還があったケースもあるようです。しかし、利息制限法に違反しても罰則の対象にはなりません。
その罰則の対象となる上限金利は、出資法という法律で年29.2%と定められています。最近よく耳にするグレーゾーンとはこの利息制限法と出資法の上限金利の差の事を指します。

トイチとは??

金利の豆知識イメージ金利のお話で、よく耳にする「トイチ」。 もちろん違法な利率なので現実にはめぐり合ったことはありませんが、 こんなべらぼうな金利で貸付されることも現実にあるのだそうです。 では、いったいどのくらいの金利のことなのでしょう?
まず、トイチとは10日で利息が一割のことです。では十万円借りてみましょう。

期間(日割り・単利) 元本 利息 返済額
借入れ 100,000円 0円 100,000円
一日後 100,000 1,000円 101,000円
10日後 100,000 10,000円 110,000円
一ヶ月(30日)後 100,000 30,000円 130,000円
半年(180日)後 100,000 180,000円 280,000円
一年(365日)後 100,000 365,000円 465,000円

いかがでしょう。年利365%です!
10日に一割で、試しに複利の計算すると!100,000に1.1を36回かけてみてください・・・10万円が一年で300万円を超えるような・・・貸す方はウハウハですね。トイチでは絶対に借りないようにしましょう。

とはいえ、知らぬ間にヤミ金といわれる金融のお世話になってしまった人は、苦しむ前に、金融庁などにもうけられている相談室などの公的機関に相談してみましょう。 年109.5%を超える高すぎる金利の場合、貸付契約自体が無効になり、元本も返済しなくてよい場合もあります。

Copyright(c)2006-2007 金利計算:金利の低いキャッシング All Rights Reserved.