金利の計算できますか?ローンを組む前に金利計算シミュレーションをしてみよう!

MENU |  金利の計算 NAVIのボタン 金利の計算 TOP |  金利の計算方法 |  金利計算シュミレーション |  金利計算と返済方法 |  金利の豆知識 | 

金利の計算方法

金利計算イメージ金利の計算方法って知っています?
お金のことって大切だけど、実際どんなことになっているのか難しそうでとっつきづらい。。。 なんて方少なく無いのでは??
確かに金利の計算と一口に言っても、いろんな要素が絡んできますから・・・。
ですが、知っていないと損をする!騙される! ここでは基本的なことを、わかりやすく解説しますので、ぜひ役立ててください。

金利計算の前に

金利を明記してあるところに「年率」や「年利」などと書いてあるのを見たことがありませんか?
金利を計算する場合、 日歩、月利、年利などのような期間に対する単位で割合を出すことができます。各算出方法で計算すると、同じ金利でも数字がだいぶ違ってきます。
金利の単位 日歩(ひぶ) 月利(げつり) 年利(ねんり)
1日の利息 1ヶ月の利息の割合 1年間の利息の割合
年利29.2%の場合 0.08% 2.43% 29.2%
この数字は、単純に、年利÷12=月利 年利÷365=日歩という計算方法になります。
日本では、年利計算での開示が定められていますが、ごくまれに金利を安く見せようと、月利と年利両方を表記し、月利を目立つようにし、消費者に勘違いをさせるような広告もあります。数字が小さいことで金利2.43%くらいならたいしたこと無いななんて思って借りてみたら、、、なんてこともあるので、お金を借りるときは、きちんと確認する必要がありそうですね。

単利と複利

金利の計算方法には以下のようなものがあります。
単利 元金に対してだけ利息をつける計算方法
(ローン、キャッシングなどはほとんどこの計算)
複利 元金と利息の合計に対して利息をつける計算
(半年複利など、定期預金などの積み立てでなどでよく使われる)
もし、自分がお金を借りるとき「複利計算」といわれたら、要注意!!複利のパワーは 侮っちゃいけない!相手が騙す気で複利とも単利言わず、複利だった場合、自転車操業なんていっていられません。取り返しのつかないことになりかねません。

金利の計算式

キャッシングの場合、基本的に年利で規定され、単利の日割り計算で行います。
借入元金 × 年利(%) ÷ 365日 × 返済までの日数=金利
ex.借入金10万円、年利18%、30日間借りた場合は、 100,000円×18%÷365×30=1,479円となります。

Copyright(c)2006-2007 金利計算:金利の低いキャッシング All Rights Reserved.